トップページ > 当社の特長 > WEBマーケティング最適化(WMO)という考え方

WEBマーケティング最適化という考え方 SEO対策?LPO対策?もっとサイトを俯瞰して見ることで集客導線を最適化できます。

SEO対策、LPO対策等は集客の一手法に過ぎない

WEBマーケティングは「集客数」×「反応率」で確立されます。
つまり、インターネット集客そのものが、集客手法のひとつにすぎません。

ホームページに人を集める手法は、インターネットを飛び越えて別の媒体をうまく使っても良いのです。例えば、WEBサイトが必要でなければ折込チラシやポスティングだけでも新規顧客やお問合せを獲得することも可能であり、全てをデジタルばかりに頼る必要は全くないのです。

WEBマーケティング最適化という考え方(WMO対策)

「集客数」×「反応率」というWEBマーケティングを最適化するために、ユーザーの入り口からゴールまでの導線をしっかりと設計いたします。
適切なキーワード、適切なコンテンツ、適切なレイアウトなど、様々なところに弊社の現場で培った机上の空論ではないマーケティングのノウハウを当てはめることで、検索エンジンにも強く、ユーザビリティ性も高いホームページが完成するのです。

◆こんな方にオススメ!
WEBサイトを作ったけれどアクセスが全然集まらない。
インターネット広告を出しているのに売上が上がらない。
自社のサービスがしっかりと伝わっていない。(的はずれなお問合せばかりがある)
急にホームページからの売り上げが落ちた。
ホームページの自社管理、運営に限界を感じてきた。
制作会社でなく、マーケティングに強い会社と付き合いたい。

WEBマーケティング最適化の具体的な流れ

お客様への徹底的なヒアリングをもとに現状分析を行います。
その後、弊社より適切なご提案資料や、レイアウト変更案をご提出しますので
お打合せを通してブラッシュアップを行い、最適であろうWEBマーケティング施策に繋げます。

徹底した現状分析
現状のWEBサイトの問題点や課題を多角的に検証するためのヒアリングを行います。
弊社内でのブレスト
ヒアリング内容をもとに、社内で専門のプロ達による最良案を導き出します。
必要に応じてリサーチをします。
市場や顧客に答えを求めることも重要です。必要なアンケート手法を用いて在るべき方向性を打ち出します。
分析を行い市場との乖離を縮める
需要予測、顧客ニーズの把握、3C分析、STPマーケティング等豊富な分析手法を巧みに利用し、市場との乖離を縮めます。
骨子、導線設計の作成
様々な分析と予想をもとに、貴社だけのマーケティング戦略と集客の導線設計の構築を行います。
集客手法の構築
まずは集客手法の選定を行います。ウェブ広告なのか、リアル広告なのかなど、様々な検証のもと最適な手法を選定いたします。
マーケティングレイアウトの設計
集客手法に基づく、反応率を高めるレイアウトプランを作成いたします。弊社のノウハウの詰まった設計資料です。
提案資料の作成・お見積り作成
設計意図や効果予測、企画コンセプトをまとめたご提案資料を作成いたします。この時点でお見積りの作成も行います。
デザイン~制作開始
内容が固まったらホームページ制作作業がスタートします。今までの検証や設計をもとにしたデザイン制作とコーディング作業です。ホームページ制作技術もトップクラスの品質とご好評を頂いております。
ご納品~効果検証~改善
ご納品後は効果測定を重ねて、より効果を高められるよう改善を図ります。日々変わる市場ニーズや技術革新に対応すべくサポートプランもご用意しております。
まずはお気軽にご連絡ください
メールでのお問合せはこちら 電話でのお問い合わせは03-6233-7775

このページのトップへ