トップページ > 当社の特長 > ホームページで売上を上げる仕組み

ホームページで売上を上げる仕組み ホームページで多くの反響を得るには?

WEBでの「成功」は“集客数×反応率”で決まります。

集客数と反応率は掛け算です。どちらかが「0」ではホームページで売上をあげることはできません。
「集客数」×「反応率」をバランス良く獲得することで、より多くのユーザをお問合せに繋げることが可能となります。
顧客獲得コストやクロージング率を見ながら、費用対効果の高いWEBサイトの構築をご提案いたします。

集客数×反応率=売上・利益の最大化

反応率を上げるためのWEBサイトに必要なコンテンツ。

いくら広告をかけて集客数(アクセス数)を集めても、見てくれるユーザーが興味を持って、貴社に対して何らかのアクションを
起こすように仕掛けなければ、ホームページの役割を果たせているとは言えません。
お客様の視点、行動心理、集客手法とページ掲載内容がしっかりと合致しているかが重要なポイントです。

訪問者ファンネル

訪問者ファンネル

訪問者の行動はじょうごになっている。

ユーザーがたくさんのホームページの中から貴社のサイトを見つけ、お問合せや購入に至るまでにはいくつかのプロセスがあります。
そのプロセスを意識して、検索からお問合せまでの導線を明確にすることが、WEBマーケティングの戦略です。
ユーザーは興味や欲求を”キーワード”という形で吐き出し、検索エンジンで検索を行います。そこで、上位表示されているサイトから複数のサイトの評価を行い、検討を経て、お問合せや購入などのアクションを起こします。

ホームページ売上げを上げるコツ
唯一のデメリットはデザイン面?

WEB広告やホームページの役割を十分理解し、訴求したい商品やサービスをわかりやすく魅力的に掲載すれば、売上げへ繋げることが可能です。そのためには、左図にあるような条件をクリアする必要がありますが、そこはプロの手にお任せください。
必ずや貴社の売上アップに貢献出来ると自負しております。
また、商品によってもWEB向きなもの、折込チラシが向いているものなど、商品自体の特性もあります。
そうした何がどこに適しているかという視点からも、専門のコンサルタントやマーケッターの目線から最良のご提案を行わせて頂きます。

売上げを上げるのは効率ではなく、ノウハウです。

よく「ショッピングカートを付けたい」とご相談をいただきます。。
もちろんあるにこしたことはないかもしれません。しかしAmazonや楽天をはじめとするショッピングサイトだらけのインターネット上で、ショッピングカートを単に設置しただけで売れれば奇跡です。

それであれば、ショッピングカートを付ける前にいろいろと試せることもあるのではないでしょうか。ショッピングカートは単に効率化を目指すためだけのものです。そこに『売るノウハウ』はありません。
例えば、買う側の視点に合わせたサイト設計、商品の陳列レイアウト、キャンペーンなどを的確に組み合わせることで、商品によっては飛躍的な売上アップに繋げることだって出来るのです。

弊社顧客の売上アップ企業様一例

まずはお気軽にご連絡ください
メールでのお問合せはこちら 電話でのお問い合わせは03-6233-7775

このページのトップへ