トップページ > 集客対策 > SEO内部対策

SEO内部対策

検索エンジンに好まれるホームページになる。

SEOの基本中の基本が、SEO内部対策。

Yahoo!やGoogleが検索順位を決める要素には、大きく分けて2つあります。
それらは「SEO内部対策」、「SEO外部対策」と呼ばれています。

SEO内部対策は基盤作り

そもそものホームページをしっかりと作ることが、SEO内部対策。
そのホームページに対して外側から被リンクをもらうことがSEO外部対策。

つまり、どんなに外側から強化を行おうとしても、ホームページ自体が不十分だと
その効果はほとんど意味を成さないものとなってしまいます。
検索エンジンから受けるサイト全体の評価を向上させる重要な対策です。
SEO対策ならまずは内部対策!ぜひ覚えておいてください。

具体的に、SEO内部対策って何をするの?

内部対策は、HTMLと呼ばれるホームページの裏側にあるソースコードを W3Cの基準に則って書き換える作業や、
キーワード・関連単語の最適化など 見た目の変化はほとんどない施策ですが、とても大切な作業です。
一体どんなことを行なっているのか、簡単にご説明いたします。

ここでは対策の3ポイントをご紹介します。 つまり、Yahoo!やGoogleが好むホームページに改善を行っているとお考えください。
検索エンジンにはロボットと呼ばれるインターネット自動巡回プログラムがあり、全世界のホームページを順位付けしています。
その検索ロボットに気に入ってもらえるサイトを用意しておけば、自然と検索順位にランクインを果たせるというわけです。

検索エンジンからのペナルティにはご注意!

検索エンジンの評価基準は頻繁に変化しております。
つまりあるときは好まれた施策が、ある日突然好まれなくなる、最悪スパムとして扱いされてしまうこともあります。
もちろん悪意のあることさえ行わなければ、スパム判定としてペナルティを受けるようなこともありませんが、
素人の方がホームページをいろいろと触ってしまうと、時にペナルティを受けて順位圏外まで落とされてしまう場合もあるため、
常に検索エンジンが提唱する情報にはアンテナを張っておく必要があります。

例えば、Googleのガイドラインには、スパム行為に関して下記のような具体例が表記されています。(2010年4月)

  • 企みを持ったリンク組織に参加しない
  • 隠しテキスト、隠しリンクを使用しない
  • クローキングを行わない
  • JavaScriptを悪用しない
  • ドアウエイページを使用しない
  • キーワードを詰め込まない
  • 内容の重複したページを公開しない

内部対策は、多少知識があればご自身で行うことも可能ですが、不安を感じたときにはいつでもお問合せください。

料金一覧

SEO内部対策5,250円(税込)~/1ページ
まずはお気軽にご連絡ください
メールでのお問合せはこちら 電話でのお問い合わせは03-6233-7775

このページのトップへ